こばやし歯科医院

最新の治療機器

最新の歯科医療機器を積極的に導入しています

マイクロスコープ

マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を導入しました。
歯科の治療は細かい作業が多い為、マイクロスコープを用いて精密な治療を行います。
歯の神経の治療や虫歯治療、当医院で症例の多い歯周再生療法をこれまで以上に精密に行える様になりました。

歯科用CT

通常のレントゲンと違い3次元の立体情報を映し出すことが可能です。
それにより歯や顎の詳しい状態が正確に解ります。
親知らずの抜歯やインプラント手術を安全に行えるほかに、
歯周組織再生治療の判定や、通常のレントゲンでは解らなかった疼痛の原因の診断が可能になります。

Er:YAGレーザー (モリタErwin AdvErL EVO)

痛みの少ない治療
身体組織に負担の少ない治療
当医院では主に歯周再生療法に使用しています。

歯周病治療・歯周再生療法についてはこちら

【適応】
う蝕除去
くさび状欠損の表層除去
歯周ポケットへの照射
歯石除去
歯肉整形
ポケット掻爬
フラップ手術

生体モニター

血圧や脈拍数、酸素飽和度をリアルタイムで測定できる生体モニターを導入しました。
インプラントや外科処置等の負担のかかる処置の際に患者様の状態が分かり、安全な治療を提供できる様になりました。
また、主にインプラント処置の際に行う静脈内鎮静法(ウトウトと寝た状態での手術)がより安全に行える様になりました。

CGF・AFG

成長因子を非常に多く含む血小板がさらに濃縮されているため、 骨の少ない場所に使用すると再生が早まります。 抜歯箇所の止血や保護、感染防止などに役立ちます。
抜歯やインプラント等の外科処置で用います。インプラント治療や歯周再生療法では治癒が早くなり密度の高い骨の再生が報告されています。
患者様より採血を行い、供血用遠心機・メディフュージを導入しております。完全自己血液由来ですので拒絶反応やアレルギーの心配がありません。
インプラント治療・歯周再生療法で多く使用しています。

インプラント治療歯周再生療法についてはこちら

ピエゾサージャリー

ピエゾサージャリーは「歯や骨の様な硬い物は切れるが、歯肉や血管の様な軟組織は切れない」という特徴があります。
この特徴を活かしてより安全に処置が行えます。
「骨が足りなくインプラントができない」という方でもピエゾサージャリーを用いて処置を行い、インプラント治療が可能になるケースがあります。

アクセス

こばやし歯科医院
所在地 〒264-0007
千葉県千葉市若葉区小倉町829-2 2F
 (1階は千城台クリニック様です)
TEL 043-488-6650
駐車場 クリニック向かいの砂利の駐車場もお使い頂けます
関連サイト
Facebook
診察時間
10:00-13:00 × ×
14:30-19:00 × ×
休診日:木曜・日曜・祝日 (予約制)