こばやし歯科医院

審美歯科

白くきれいな被せ物や詰め物 ホワイトニング

笑顔って素敵ですよね。
笑った時に金属の見えるお口ときれいな歯のお口はどちらがいいですか?

前歯は保険診療でも白い歯にできますが、自由診療のセラミックの歯とは大きく異なります。

保険診療の白い前歯は、金属の被せ物の表にレジン(プラスチック)を盛り上げて作成します。プラスチックなので透明感に劣り、経時変化を起こし変色します。また、金属部分があるため金属アレルギーや金属による歯肉の変色を起こしてしまう事があります。

奥歯は基本的に金銀パラジウム合金で治療することが多いです。ドイツ等の医療先進国ではパラジウムが体に与える悪影響を考慮して、このような金属は使用されていないそうです。

こばやし歯科医院では、近年素材の改良が進んでいるセラミックでの治療をおすすめしています。

患者様の希望や歯の色や咬み合わせ、部位に合わせて様々な素材を選択しています

こばやし歯科医院には、被せ物の作成をお願いしています技工所の技工士さんが前歯の被せ物も含めた治療に通われています。

1日での白い詰め物の治療について

歯と歯の間に出来てしまった虫歯には、通常金属の詰め物で治療を行います。その場合、おおよそ2~3回の通院が必要になります。

こばやし歯科医院では色調や強度のある自費用の粘土状の詰め物を用いて歯と歯の間に出来てしまった虫歯の治療を1日で終わらす事が可能です(保険でも可能とされていますが、強度的な問題からこばやし歯科医院では自費の強度のあるものでしか行っていません)。粘土状ですので歯を削る量も最小で済みますので歯にも優しいです。

また、保険のレジン治療は色が5色ほどしか用意されていないのに対して自費のレジンでは全27色あり患者様の歯により近い色での治療が可能になります。

被せ物(クラウン)には対応しておりません。
神経の生きている歯に限ります。
虫歯が大きい場合には適応外となる事があります。

ホワイトニングについて

白い歯は「清潔感」、「爽やかさ」を演出してくれます。
歯の見た目や笑顔が変わり、白い歯になった事により性格が明るくなった方も大勢みてきました。潜在的にコンプレックスになっているのかもしれません。また、歯への意識が高くなるため虫歯や歯周病予防へのモチベーション向上になる事が多いです。

ホワイトニングには
①ホームホワイトニング
②オフィスホワイトニング
③両方を用いたホワイトニング
以上の3種類があります。

●ホームホワイトニングについて
ホームホワイトニングは患者様専用のトレーを作成し、ジェル状のホワイトニング剤を入れ、2時間付けます。
効果はゆっくりですが、希望の白さで止める事ができます。
また、歯の色の後戻りが起きても同じトレーとホワイトニング剤を用いて簡単にホワイトニングが再開できます。

こばやし歯科医院では日本人向けの「ティオンホーム」を使用しています。

●オフィスホワイトニングについて
クリニックで行うホワイトニングです。
ホームホワイトニングのように回数や手間がかからず短期間で効果がでます。
施術時間は1時間半~2時間程度かかります。

歯の色の後戻りが起きた際は、再度行う必要があります。

ホワイトニングに関しての注意点

日本人は歯の一番外側のエナメル質が薄い方が多く、歯の性質によっては効果が十分得られない事があります。効果は個人差が大きいです。

歯がしみてしまうことがあります。

初診日には施術は行えず、カウンセリング・検査・トレー作成の為の型取り、歯のクリーニングが必要です。

詰め物・被せ物は白くなりませんので、白い詰め物や被せ物を考えている患者様はホワイトニングを終えてからの治療をおすすめします。

アクセス

こばやし歯科医院
所在地 〒264-0007
千葉県千葉市若葉区小倉町829-2 2F
 (1階は千城台クリニック様です)
TEL 043-488-6650
駐車場 クリニック向かいの砂利の駐車場もお使い頂けます
関連サイト
Facebook
診察時間
10:00-13:00 × ×
14:30-19:00 × ×
休診日:木曜・日曜・祝日 (予約制)